イニシャルフラワーの作り方と40cmサイズを簡単に作る方法

Pocket
LINEで送る

結婚式のウェルカムスペースに、新郎新婦お二人のイニシャルや「&」の文字を飾るのが定番ですが、さらにお花たっぷりの文字にするのが人気!

先輩花嫁様たちの素敵な作品を参考に、作り方のパターンを勉強してみましょう。

Sponsored Link

タイプいろいろ!イニシャルフラワーの作り方

木製イニシャルオブジェに造花をグルーガンやボンドで貼り付ける

3コインズやダイソーなどで手に入る「アルファベットオブジェ」に、小さめの造花をグルーガンで貼り付ける方法です。グルーガン本体も100円ショップで購入できるのでとっても手軽にチャレンジできますね!

イニシャルオブジェにチュラルな素材を貼り付ける

貼り付けるアイテムによって、雰囲気がガラリと変わりますね。こちらはモスやグリーンをメインにしたイニシャルオブジェ。ガーデンウェディングにもぴったりですね。

ドライフラワーを使ってナチュラルに仕上げる

モスやグリーン以外にも、ドライフラワーを貼り付けてもいいですね!ブリキの&オブジェに貼り付けた作品です。

今はカラフルなドライフラワーがたくさんありますので、素敵に仕上がります。

グルーガンを使えば簡単!イニシャルオブジェに造花を貼る方法

このように、「グルーガン」を呼ばれる熱で溶けるステイックタイプのボンドを使って、お好きな造花をイニシャルに貼って行きます。小さいアルファベットの場合は、お花も小さいものを選ぶ必要があります。

大きなサイズのイニシャルオブジェはどう作る?

ダイソーや3コインズで入手できるのは、高さ10cmから15cmぐらいの、小さなサイズのものがほとんどです。でも、前撮りやウェルカムスペース、またはガーデンに飾りたい場合、もっと大きなオブジェがほしい!って思いますよね?

大きなイニシャルオブジェは、段ボールを使ってDIYされている方が多いです。

この形を作るのがけっこう大変・・そこで!「大きなサイズのイニシャルフラワーを簡単に作れる材料」をご紹介します。

大きさ40cmのイニシャルオブジェを簡単に作れるアイテム

縦最大40cm、横最大42cmの、大きなアルファベットリースです。

お花やモスを植え込んで、素敵なアルファベットオブジェが作れます。

結婚式やお店の看板、イベントなどにお使いいただくことで、華やかに演出できます。

メッシュ素材になっていますので、プランターを入れた状態で水やりも可能です。

展示会で実際に現物を見てきましたが、メッシュがついているので、ここにカットしたスポンジなどを敷き詰めて、造花やモスをグルーガンで貼り付けていけば簡単に作れそうです。

斜めから見た様子です。深さは7.5cmあります。

すべてお花にするのではなく、底にはスポンジやフラワーフォームを敷くとよいですね。

AからZ、そして&の文字もありますので、お二人のイニシャルや、「WELCOME」「HAPPY」

「WEDDING」など、組み合わせ自由自在!前撮りなどにぜひお役立てください。

ビッズサイズのアルファベットフォームはこちらのページをご覧ください。

縦最大40cm、横幅最大42cmのアルファベットリース(1文字)

ピンタレストにも、海外などのイニシャルフラワー作品をまとめましたので参考にしてくださいね。

Pocket
LINEで送る

関連記事(一部広告)
スポンサーリンク