会場デコレーション

生花のかすみ草でチャペルフラワーを手作りした先輩花嫁さんの実例とアイデア

チャペルの飾り付けにもこだわりたい!

これから結婚式場を選ぶ人も、すでに会場が決まっている人も、「どうやって自分らしいウェディングにしよう?」というのが一番の悩みどころですよね。

会場によっては、お花の持ち込みが制限されている場合が多いですが、まずは「自分だったら、ここはこうしたい!」とうイメージを膨らませて、プランナーさんに相談してみましょう。

 

チャペルフラワーにこだわった先輩花嫁様より、アイデアとお写真をいただきましたのでブログでご紹介します。

まずは下見でこだわりポイントを見つけよう

お二人は、下見に行かれたときに、チャペルのいすの具合や、結婚証明書にサインする羽ペンが用意されていることを確認したとのこと。

IMG_5204 IMG_5205 IMG_5203

下見の時点で、「チャペルフラワーが造花だと寂しい」ということでお二人の意見が一致。

そして、いすに飾られるお花にこだわりたいということで、「チャペルフラワー」を手作りすることを決断されたようです。

 

理想の「チャペルフラワー」探し

インターネットやインスタグラムを活用して、自分が思い描くイメージを探されたお二人。

そして見つけたのがこちら!

出展元:ホヌカイラニ限定 ~かすみ草のチャペルフラワー~

https://www.watabe-wedding.co.jp/trend/hawaii/2013/01/post_266.html

 

清楚で可憐で、とっても素敵ですね!お花と布の手配を考えることに。

かすみ草を何本使うか?の試作

IMG_9561 IMG_9562

まずは近所のお花屋さんで、かすみ草を1本購入。約350円だったそうです。

枝分かれしているので、カットしてまとめると、このようにボリュームが出ました。

チャペルのフラワーは約20セット用意するということで、予算との兼ね合いもあり、1セットには1本の

かすみ草にしたそうです。

 

お花の手配は式場近くのお花屋さんに依頼

インターネットで、お花の問屋さんもありますが、「決まった日に決まった量をお届け」ということが難しく、結局式場近くのお花屋さんに依頼したそうです。

切り花コーナーにも、かすみ草だけで販売されている場合は少ないので、やはりお花屋さんを通じての購入が一般的なようです。

また、たまたま立ち寄ったスーパーで、かすみ草だけの切り花を安く売っているところを見つけました。

IMG_0826 IMG_0829

定価280円のところ、172円で販売されていました。ボリューム的にはこちらの方が多いですね!

でも大量に必要だったので、ここでの購入はあきらめました。

かすみ草ブーケなどを検討されている人は、ぜひお近くのお花屋さんで相場をチェックしてみましょう。

 

オーガンジー風の布を検討

お花の分量が決まれば、次は布です。まずは手芸店に行って、実際に手触り等を確認します。

いろいろ少量ずつ購入して試したそうで、その画像もいただきましたのでご紹介します。

 

まずは幅広リボン。5cm幅のものですがやはりこれだと寂しいですね。

IMG_9563

 

次に、チューブリボン。これは、リボンがチューブ状になっていて、中にキャンディーなどが

入れられるというものですが、リボンの単価が高いので、断念したとのこと。ロマンティックで素敵ですね。

IMG_9578

 

そして「スパークオーガンジー」という生地。

IMG_9576

光沢のあるオーガンジー素材ですが、パリッとしすぎているとのことで、これもイメージとは遠かったようです。

また、生地をカットした際に、切れ端のような糸がたくさん出てしまうので、ここも問題でした。

IMG_9577

 

そしてついに!理想のイメージの生地との出会いがあったようです。

「テトロンゴース」という生地との出会い

IMG_9567

この透け具合、やわらかさ、イメージと近いですね!「テトロンゴース」という名前で、手芸センタートーカイで販売されているのを見つけたそうです。

テトロンゴース!初めて知りました!

1mあたり840円というお値段です。

IMG_9569

できるだけ長い状態にしたいので、25cm幅にカットして、2枚を縫ってつなげたそうです。

また、ハサミでなく、手で裂いても端がほつれずに裁断できたようで、そういった意味でも理想の生地でした。

IMG_9573

飾り付け当日の様子

ゲストハウスウェディングとのことで、前日から飾り付けをすることができたそうです。

新郎新婦お二人が一生懸命会場をデコレーションされたとのことで、本当によかったです!

こういったことができるのが、ゲストハウスウェディングの良さですね。通常は当日の数時間前からしか

飾り付けができないので、お友達やご家族にデコレーションをおまかせすることになってしまい、

みんなが大変な思いをするのですが、たっぷり時間があるのはうれしいですね。

IMG_1141

かすみ草1本あたりの分量が、予想していたよりも少なく、ボリュームが出せなかったのが残念ですが、それでも白いリボンがアクセントとなって、素敵にデコレーションできたとのこと。

IMG_1142

清楚で素敵です!

下見のときのイメージは下記の通りでしたので、リボンのおかげで明るく華やかになっていますね。

IMG_5203

↑下見のときのチャペル写真

 

木製の椅子に、オーガンジー素材のリボンが可憐さを演出してくれています。

IMG_1143

通常は、チャペルフラワーの持ち込みはなかなか許可がもらえないことが多いので、まずは一旦プランナーさんに相談してみましょう!「こんな風にデコレーションしたいんです!」と、イメージ写真を持っていき、相談すれば、いい提案をもらえると思います。

 

ピンタレストで集めよう!チャペルフラワーイメージ集

まずはイメージ写真を集めてみてくださいね。

シェリーマリエのピンタレストに、チャペルフラワーイメージ集を集めていますので、ぜひ参考にしてください。

スクリーンショット 2015-12-17 22.23.17

https://jp.pinterest.com/kawaiihanayome/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%9A%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%AF%E3%83%BC/