挙式演出小物

ペーパーストローだから簡単!リボンワンズの作り方

リボンワンズって何?

リボンワンズとは、チャペルから出てきた新郎新婦を祝福するためのアイテムです。

フラワーシャワーと比べて、後片付けがいらなかったり、華やかな演出に見えるので最近とても人気がありますね。

持ち込み料金がかからない演出で、しかも簡単にできますので、ぜひ手作りしてみましょう!

 

インスタグラムで見つけた!先輩花嫁の手作りリボンワンズ画像

 

 

 

Ayakaさん(@0611.wedding)が投稿した写真

 

 

 

 

 

yuukaさん(@younyannyan18)が投稿した写真

 

 

 

 

 

@yukari19890724が投稿した写真

 

 

 

 

 

しほさん(@ws.1214_1212)が投稿した写真

 

 

ペーパーストローを入手するのと、タグをつけるのがポイントですね!

さっそくシェリーマリエでも「リボンワンズ作り」にチャレンジしてみました。

 

一番簡単なリボンワンズの作り方

シェリーマリエ店長が、リボンワンズ作りにチャレンジしました!

まず、用意するものはペーパーストロー。海外製のペーパーストローは、デザインもとってもかわいいものがありますね!

IMG_9878

そしてリボン。ここでは試作でしたが、「パステル5色がテーマのウェディング」をする友人のために、手芸センターで幅6mmのものを買ってきました。1m単位で販売されているものは、値段が高くなるので、リボンワンズを本格的に作る場合は1巻単位のものがいいですね。

IMG_0183

ピンク、グリーン、イエロー、オレンジ、パープルの5色を使うことに。このリボンの色はテーマカラーに合わせるとよいですね。

IMG_0184

リボンの先端をホッチキスで留めます。(リボンの厚みによってはホッチキスが留まらないこともあるので注意)

IMG_0185

そしてヘアピン(またはワイヤー)に、鈴をつけます。

IMG_0186

鈴と一緒に、リボンをセロハンテープで留めます。(なるべく細くなるように巻きます)

IMG_0187

それをペーパーストローに差し込めば完成!リボンが細くて、ストローから抜けそうなときは

グルー(ボンド)を一緒に流し込むと安定します。

IMG_0188

シェブロン柄のストローを使うと、大人っぽく仕上がりますね。

IMG_0189

鈴またはベルは、100円ショップでも揃います。実際に鳴らしてみて、お気に入りの鈴を選びましょう。

IMG_0190

ストローの柄次第で雰囲気も変わりますね。

タグをつけて、もっとオリジナル!

お客様からいただいたお写真です。黒地に白の水玉柄のストローに、サテンリボンと鈴をつけて、クラフト用紙にプリントしたタグをつけたとのこと。

IMG_0174

黒地に水玉柄のストロー、シックでいいですね!

IMG_0035

リボンにはゴールドを入れて、さらに大人っぽく。

IMG_0175

鈴はアマゾンでも入手可能な「宝来鈴」です

 

結婚式のために、少しずつ手作りアイテムを増やしていくと、当日が本当に楽しみになります!

この「リボンワンズ」は、一番簡単に手作りできますので、ぜひぜひ挙式に取り入れてみてくださいね。

 

鈴の音で祝福!セレブレイトベルもおすすめ

シェリーマリエでは、豊富な種類のウェディンググッズをお取り扱いしています。

挙式演出アイテムのおすすめはこれ!指にはめて鈴の音で祝福する「セレブレイトベル」。

オフホワイトのサテンリボンと、フェザーの飾りがポイントです。

長めのサテンリボンがついて、とってもおしゃれな印象。ベルの音がお二人の幸せを祝福します。

指を通す部分がリング状になっています。フェザーつき!

お二人のお名前と記念日入りのプレートがついたスタンドに、50個飾っておけます。

受付テーブルなどに置いて、ゲストにひとつずつ配りましょう。

 

https://www.tedukuri-wedding.com/mall/goods/ensyutu/kyosiki/YM688-372.html