ぬいぐるみティアラの作り方(縫い付け方)

Pocket
LINEで送る

ぬいぐるみをウェディングドレス姿にした際、ティアラをつけると、さらに花嫁さんらしくなります!

「ティアラって、どうやってぬいぐるみの頭に縫い付けたらいいの?」というお問い合わせをたくさんいただきますので、付け方を詳しく説明します!

Sponsored Link

ドレス姿のぬいぐるみにティアラは必要?

たとえば、こちら。LINEのキャラクター、コニーにクリエのドレスを着せたものです。

ドレスは、コレットブルーというタイプ。身長20cm程度の、スリムなぬいぐるみに着せられます。

→クリエシリーズ(着せ替えできる衣装)一覧はこちら

もちろんドレスだけでも素敵ですが、ティアラがあるともっとエレガントになります!

ベールつきティアラは4つのサイズがあります

このように、透明のケースに入れてお届けします。(配送中にティアラが破損しないように、ケースに入っています)

コニーに乗せてみました。

横から見た様子です。

後ろから見た様子です。(この細いサテンリボンは取り外しできます)

ベールつきティアラってどんなもの?

ティアラを底から見た様子です。コームがついていますが、ぬいぐるみは毛がないものが多いので、コームで取り付けることはせず、針と糸で縫い付けてください。

ティアラの底部分には3つの穴があります。

この3つの穴を、頭に固定していきます。まずは、固定する位置を決めましょう。

決めたら、穴付近を縫う感じで、頭に固定していきます。

お裁縫が久しぶり!という方も大丈夫!とっても簡単です。

ポイントとしては、ベールに隠れるように縫うことです。玉結びする際も、ベールで見えなくなる部分で糸の始末をしましょう。

ベールつきティアラは、つける位置にこだわって

うさぎや犬など、耳と耳の間の距離が短い場合は、その間にティアラが入らないこともあります。そんなときは、耳の前の方(おでこ寄り)に縫い付けましょう。

この、コニーの場合も、前のほうに縫い付けています。ベールは耳と耳の間から後ろへ流します。

Sサイズはベールが短めですので、ショートベール風になります。もっとベールを長くしたい場合は、ティアラMサイズを選んでくださいね。

ティアラは、ベールつき以外にも、ティアラ単品もあります。

ぬいぐるみティアラ一覧ページはこちらです。

Pocket
LINEで送る

関連記事(一部広告)
スポンサーリンク