【書評】「できる100ワザ グーグルアドセンス」を読んで、収益と集客が両方アップしました

こんにちは。ネットショップを運営して20年になる私です。クリック課金型の「グーグルアドセンス」の存在を知ったのが6年前(遅くてすみません・・)、ちょうどワードプレスのブログをスタードしたのと同時でした。

ブログで収益化するのが目的ではなく、自分が運営するお店への集客を目的として開設したので、アドセンスは「とりあえず適当に配置しておけばいいだろう」という感じで放置していたのですが、とある出来事がきっかけで、本気でブログの収益化に取り組みことになりました。

まずは本で一から学びなおそう!と思ったとき、「できる100ワザ Google AdSense」をインプレス社様よりご献本いただき、たくさんの気づきと成果が現れました。どのような学びがあったのか、シェアさせていただきますね。

グーグルアドセンスとの出会い

ホームページビルダーなどを使って、ウェディンググッズのネットショップを運営しています。

http://www.tedukuri-wedding.com/

しかし、「スタイルシート」が登場したあたりからどんどん時代についていけなくなり、限界を感じていました。「もっと簡単にネットショツプが作れたらいいのに・・」と悩んでいたところ、ショップサーブの無料セミナーに参加し、「これからはブラウザ上でネットショップを構築する時代だ!」と思い、スタートしました。



ショップサーブは、「店長交流会」というものがたまにあり、そこで情報交換ができます。ある日、同業者の店長さんから「私はネットショップに、アドセンスという広告を貼っています。月に約2万円ぐらいの収益があるので、ショップサーブの月額固定費がそれでまかなえてるのでありがたいですよ」と教えてもらいました。

それまで私の中では、ホームページに広告を貼れるのは、企業から「ぜひとも貼ってほしい」とお願いされるような優れたスキルを持つお店だけの特権だと思っていたため、目から鱗だったのです!ショップサーブにかかる費用は月に15000円から20000円ぐらいだったので、「私も広告貼って、リスクゼロでネットショップ運営したい!」と思いました。

とにかくいつも体当たりで挑む私。ネット情報のみでアドセンスを設定

せっかちな私は、マニュアルや本を読むことが苦手で、「やり方はネットで全て学べる」と信じている性格です。「グーグル先生に聞く→答え出る→実践する」を繰り返してきたので、アドセンスに申請して、ネットショップに貼るのはそう難しい作業ではありませんでした。

そもそも閲覧者が少ないのでクリックも発生せず。

私がショップサーブで運営していたネットショップは、ウェディンググッズをネット通販するお店でした。しかもお店を作ってすぐだったため、アクセスも微々たるもので、もともとアクセスが少ないところに広告収入が発生するはずもありません。「あれ?月に2万円は夢だったのかな?」と、アテがはずれます。

月に400円とか、そんな時期が長く続き、「アドセンス=稼げない」という図式が私の中に出来上がります。

ワードプレスでブログをスタート

ウェディンググッズ専門店「シェリーマリエ」として、ブログはアメーバを利用していました。(現在も書いています。)

https://ameblo.jp/tedukuri-wedding/

アメーバブログを開始したのは2007年2月で、今から12年前となります。「無料だし、検索にもひっかかりやすいし最高!」と思っていたのですが、ネットショップ店長会や勉強会に参加するたびに、「これからはワードプレスでブログを書く時代。無料のブログでお店の宣伝をするのはもってのほか」という声をたくさん耳にするようになりました。

私が20年前に開設した本店ホームページは、ロリポップのサーバーを利用していたため、ワードプレスの導入には詳しいマニュアルページがあり、なんとか設定はできました。ウェディング情報発信のためと、ネットショップ運営情報発信の、2つのブログをワードプレスで作りました。

結婚準備を楽しむアイデア&レシピ♡

http://tedukuri-wedding.com/blog/

ネットショップ運営を楽しもう!

http://tedukuri-wedding.com/welcome/

そしてここにもアドセンスを設定してみたものの、やはり月に数百円から数千円がやっと、という時期が続きます。

アドセンスのプロ、染谷昌利さんとの出会い

2016年1月27日に開催された、染谷昌利さんが講師のセミナーに参加しました。

■テーマ:「これからのネットショップ運営と現状」
①商品をただホームページに並べていけば売れた時代は終わり、今後ネットショップが売れていくために必要な事は何か?
②コンテンツマーケティングとは何か?
③現役ネットショップ店長によるパネルディスカッション!!
④今のネットショップ業界とは?

まさに、私が知りたいことばかり!特に「コンテンツマーケティング」という言葉には興味があったものの、何をどうしたらいいかという状態だったので、ワラをもすがる思いで出かけたところ、ネットショップ運営にまつわるテクニックはもちろんのこと、情報発信の大切さ、どのようにして写真を撮り、どう伝えるかなどなど、とにかく詳しく教えていただいたのです。

たとえば「グランクラスはいいぞ」というタイトルで書かれたブログは、グランクラスという新幹線に興味がある人が必ず知りたい情報や魅力的な写真があふれ、「情報発信とは、こうあるべき」というお手本のような内容です。

「私もこういう風な情報発信がしたい!」と思い、それから染谷さんのブログを隅々まで読み、勉強していくことになります。

本の著者、染谷昌利さんってどんな人?

「ネットショップの運営と現状」というテーマでセミナーに登壇された染谷さんですが、ご自身でネットショップを運営されているわけではありません。公式サイトに書かれているプロフィールは次の通りです。

12年間の会社員生活を経て、インターネットからの集客や収益化、アフィリエイトを中心としたインターネット広告の専門家として独立。現在はブログメディアの運営とともに、書籍の執筆・プロデュース、企業や地方自治体のアドバイザー、講演活動も行う。

マルチに活躍されていますが、専門は集客や収益化、アフィリエイトであり、たくさんの本を執筆されています。

「できる100ワザ グーグルアドセンス」の内容は?

サブタイトルとして「必ず結果が出る 新・ネット広告運用術」と書かれています。そう、結果を出したい!と強く思いながらページを開きました。

「グーグルアドセンスの基本」で始まる序章の他に、第1章から第5章までに合計100個のワザが散りばめられています。技が100個も!

第1章:広告のしくみを理解して、適切に配置するワザ

第2章:広告とサイトの指標から、収益性を分析するワザ

第3章:広告の最適化とサイトの改善で収益を高めるワザ

第4章:アドサーバーで効率的に広告を運用するワザ

第5章:長期的に収益を伸ばすためのサイト運営のワザ

「できる100ワザ グーグルアドセンス」の本は、初心者にも理解できるの?

全ページカラーの内容は、画面の図解入りでとても読みやすく、「アドセンスって何?」という初心者の方でもすんなりと理解することができます。特に序章は、アドセンスに申し込みをする方法が手取り足取り書いてあり、予備知識などまったく不要!私もスタートするときにこの本を読んでおけばよかった・・と激しく後悔しました。

染谷さんの本の最大の特徴は、「詳しい人に、すぐ隣で教わっているような感覚」になれることです。マンツーマン家庭教師のような。初心者は特に、専門用語などが出てきたとき、そこでつまづいて先へ進めなくなってしまいがちです。独学で勉強していると、「もう自分には理解できないからあきらめよう」って、すぐにあきらめてしまいますよね。

染谷さんの本は、用語の解説もその場その場で行われ、「今さらこんなこと聞けない」という悩みを瞬時に解決してくれます。しかも、画面の様子とともに説明が進んでいきますので、どこに何を入力すればいいのか、何に気をつければいいのかが理解しやすい内容となっています。

「できる100ワザ グーグルアドセンス」を読んで身についたこと

これまで自分が、まるで「やっつけ仕事」のようにただ漫然と記事を更新し、適当に広告を配置していたという事実に気がつきました。いままで月に数百円から数千円の収益があっただけでも奇跡、というほど、設定が間違っていました。

アドセンスで収益を伸ばすには、貼った広告に対する分析や改善が欠かせません。しかし、私は「今日いくらの収益があったか」の画面にしか興味がなく、「なにが原因で収益が伸びないのか」を考えていませんでした。

アドセンスのレポート画面の見方が身につく

アドセンスには、レポート画面がありますが、一見して難しい印象です。考えるのを放棄されるのに十分な破壊力があるので、ずっと逃げていました。しかし、この本の第2章には、レポートの見方や分析の仕方までが網羅されており、ひとつひとつ乗り越えていくことで、アドセンスの設定を分析する力が身につきます。

アナリティクスを活用した分析方法がわかる

ネットショップの方には、グーグルアナリティクスを設定していましたが、ブログには連携させていませんでした。(単にやり方がわからかなかったから)

しかし、収益化を狙うには、アナリティクスによる分析が欠かせません。この本を読んだことで、アドセンスとアナリティクスを連携させ、「もっとも収益に貢献しているページを見つける」「収益につながっている検索ワードを見つける」といったことにチャレンジできました。読み進めていくうちに、どんどん勇気が湧いてくるような内容です。

サイトの改善方法が理解できたので、収益アップにつながった

レポートを分析できるようになた私は、さっそくアドセンス設定をいろいろ変更しました。これまで存在すら知らなかった「関連コンテンツ」というタイプの広告導入も無事にできました。その結果、改善前と比較して約3倍の広告収入になりました。数万円レベルで安定してきました。とはいえ、まだまだ目標にはほど遠いですが、アドセンスがもつ無限の可能性に気づくことができたのは大きな収穫です。

ブログからの集客が飛躍的にアップした

広告費用を一切かけずに、約20年にわたってネットショップを運営している私ですが、お客様から「ブログを見ました」というお問い合わせをたくさんいただくようになりました。コンテンツにこだわって情報発信をしていくことで、ターゲットとするお客様に届きやすくなり、お問い合わせとご注文が増えてきたのだと思います。

ブログでの収益アップと同時に、ネットショップへの集客と売り上げ改善が最終目標のため、アドセンスに取り組んだことで、自然に「コンテンツマーケティング」が実現できてきたと実感しました。初心者の私でも理解できると思って手にしたこの本には、まだまだたくさんの取り組むべき課題がぎっしり詰まっています。常に手元に置いて、日々分析と改善をしていくための教科書としておすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする