iPad /iPhoneを買ったらすること③パケット通信量を節約する設定をしよう

mineoの格安シムで、ipadを使うことにした場合、やはり「パケット通信量をどうしたら節約できるか?」が気になりますよね!私はiphoneで3GB契約をしていたのですが、それでも月末には足りなくなって、「追加パケット購入」をしたことがあります。(追加購入って高いんですよね・・)

「自分は動画は見ないから大丈夫だろう」「大きな画像をやりとりしないからパケットの節約になっている」と、なんとなく安心していませんか?初期設定のままだと、思いもよらぬところで、自動的にパケット通信がされています!

まずは最初に見直すべきポイントをチェックしましょう!(設定するかどうかは自己責任でお願いします)

アプリのバックグラウンド更新をオフにする

「設定」ー「一般」を開きます。その中に「APPのバックグラウンド更新」という項目がありますのでタップします。

デフォルトでは、「Appのバックグラウンド更新」がオンになっています。

私は、ひとまずオフにしました。(でもこの機能をオフにするかどうかについては賛否両論ありますので、ネットなどでよく調べてみてくださいね)

モバイルデータ通信の「WIFIアシスト」をオフにする

「設定」ー「モバイルデータ通信」の項目を見ていきましょう。

もちろんiphone/ipadを外で使う場合、モバイルデータ通信自体は必要です。(これをオフにしてしまうと、メールが来なかったり、いろいろ不便ですので、オフにしないでください)

見るべき項目はこちら!「WIFIアシスト」です。

WIFIアシストとは?

※iOS 9 以降では、Wi-Fi アシストを使って、Wi-Fi の接続状況がよくないときに自動的にモバイルデータ通信に切り替えることができます。

これはオフにしておきます。

オフにすると、このような画面になります。とりあえず、自分に今すぐ必要ないと思った機能を「パケット節約」と考えていますので、ご利用は自己判断でお願いしますね。

SAFARIのリーディングリストをオフにする

「設定」-「Safari」を開いて、その中にある「リーディングリスト」の「モバイルデータ通信」をオフにします。

オフにすると、このような画面になります。

icloudに写真を自動アップロードするかどうかを設定します。

「設定」-「写真とカメラ」を開きます。デフォルトでは「iCloudフォトライブラリ」がオンになっています。

icloudフォトライブラリーとは?

iCloudフォトライブラリをオンにすると、あなたが撮ったすべての写真がフル解像度のまま自動的にアップロードされます。

「iCloudフォトライブラリ」は、iphone/ipadで撮影した写真やビデオをicloudに自動でアップロードする機能です。(アップルアカウントひとつごとに、無料で5GBのストレージが割り当てられています)

しかし、写真データは大きいので、すぐに5GBがいっぱいになってしまいます。iphone/ipadが万が一故障したり、水没したりしたときのためにもicloudでデータをバックアップできるのは便利ですが、データのバックアップは基本的にパソコンでするという人や、「マイフォトストリームを使う」という場合は、icloudフォトライブラリーをオフにしておきましょう。

「iCloudフォトライブラリ」をオフにして、「マイフォトストリーム」をオンにしました。

マイフォトストリームとiCloudライブラリの違いは?

マイフォトストリームとは

・枚数や保存日数に制限がある写真転送/保管サービス。

・保存できる枚数は最大1000枚(それを超えた場合は撮影日時の古いものから自動削除される。)

・転送から30日を過ぎた写真も削除される

・iCloudストレージ(無料で5GBまで割り当てられているもの)を消費せず利用できる

・写真の解像度がデバイスに最適化されてダウンロードされるため、画質が劣化することがある。

・WIFIに接続されているときに新しい写真を自動アップロードする。

Icloudフォトライブラリとは

・iCloudストレージ(無料で5GBあるもの)を利用する写真保管サービス。

iPhoneやipadの写真すべてはiCloudストレージ上に転送され、同じApple IDでサインインしたデバイスと同期されます。

・写真をオリジナルの状態で保管できる。

・デバイスを Wi-Fi に接続するたびに、バッテリーが充電されていれば、コレクションが iCloud にアップロードされる。(iOS 11 以降の場合、ライブラリはモバイルデータ通信でもアップデートされる。)

というわけで、このipadはOS10で中古で購入したものですが、そのうちにバージョンも上げていく予定だったので、「モバイルデータ通信でも写真がアップされるとパケット通信量が増えるはず!」と思ったため、最初から「マイフォトストリーム」にしました。

これが、写真がある程度増えてきた状態で途中で変更したりすると、いろいろ面倒ですので、最初に設定しておくのがおすすめです。私は何も考えずにiphoneを「Icloudフォトライブラリーオン」で使っていました・・今更後戻りも大変なので放置です(笑)

iTunes Store とApp Storeのアップデート設定をする

「設定」ー「iTunes Store とApp Store」を開きます。「自動ダウンロード」という項目で「アップデート」がオンになっている場合、オフにしておきます。

今回は、中古のipadminiを購入して、格安シムのmineoで使うという運用をしているため、よく考えてからOSアップデートなどを行う必要があります。そのため、自動にせずに手動で随時アップロードをすることにしました。

自動ダウンロードに「モバイルデータ通信」を使うかどうかも、オフにしておきましょう。

(デフォルトでオンになっているかどうか忘れましたので、お使いの端末で確認してください)

ここまで設定しておけば、ひとまずは設定終了です。

また使っているうちに、いろんな悩み事や困りごと、知りたいことなどたくさん出てきます。今はネット検索すれば簡単に答えが見つかりますので、まずはipad/iphoneがある生活を楽しんでくださいね。

また便利アプリについても、随時更新していきたいと思いますのでお楽しみに!

2016年に書いた「現在私が利用中のモバイルアプリ」一覧は次の通りです。

ネットショップを運営して18年目になりますが、スマートフォンの普及で、ガラリと環境が変わったなと実感します。アプリやモバイルツールを使いこなせば、ますますネットショップ運営が楽しく簡単になります! ...

mineoの格安SIMで、iphone/padライフを楽しもう!

このブログでは、主に私がiphone/ipadで使っている「mineo」の詳しい使い方、設定方法をご紹介しています。公式サイトには、わかりやすい情報がたくさん載っていますので、詳細はそちらでも確認してくださいね。


公式サイトはこちら↓

ドコモ端末もau端末もそのまま使える!【mineo(マイネオ)】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする