アップルストアに行かずにスマートフォンでipadを注文する手順

これまで「ipad2」を使っていたのですが、wifiモデルのため外出先で自由に使えず、不便でした。4年使って、さすがに動きも遅くなってきたと感じたので、買い換えることに!

ipad2は、「はじめてのipad」ということで、アップルストアまで出かけて買いました。初期設定を自分でする自信がなかったからです。でもその後、iphoneを何度か買い換えているうちに、初期設定には自信がついたので、今回はスマートフォンでipadを購入することにチャレンジしました!

今回ipadを使う目的は「格安シム(mineo)を使って、月々の維持費約700円でipadを家の外でも使いたい」というものです。AUやdocomoなどのキャリアに頼らず、とにかく月々のコストを安く抑えつつipadを使うのを目標としています。mineoの契約などは次の機会に書きますので、まずはここではスマートフォンでipadを購入した流れを書きました。

実際に申し込みをした画面つきで詳しくレポートします!

お手頃価格になった、2017新型ipadの魅力

なんと一番安いもので37800円から買えるようになったipad。これなら「両親へのプレゼントに」とか「iphoneとの2台持ちに」という願いがかなえられそうですよね!

自分が必要なオプションをつけるといくらになるのか調べてみましょう!

まずはアップルストアの公式サイトにアクセスします。「ipad」のコーナーに行くと、現在サイトで販売中のipadについての説明がたくさん並んでいます。画像つきなのでわかりやすい!

新型ipadは、ipad2よりもはるかに性能がよくなっています!しかも値段も安くなりました!

もちろんディスプレイもきれい。

大きさは9.7インチです。

なんと10時間もバッテリーが持つそうです!外に持ち出しても安心ですね。

OSは10になります。

カメラ性能も飛躍的に美しくなるようで、これは楽しみです。

ipadを買い換える理由のひとつが「もっと軽い方が使いやすい」ということでした。ipad2は約600gでしたので、新型は軽くなりました。

私が使っていたipad2は、wifiモデルでした。つまりは外出先で、wifiがない環境で使うことができず、ちょっと不便でした。ホテルや公共機関などはwifiが整備されていますが、やはり「いつでもどこでも」使えるのがipadの楽しさですので、「次に買うときは絶対にセルラーモデル!」と心に決めていました。

ipadの選び方

ipadにはいくつかのタイプがあります。

大きめのipadproと小さめipadpro、そして通常のipadと、3つの種類があります。proはもちろんほしいですが、予算の関係で、今回はipadを購入です。

自分に必要なオプションを選んでいきます。

背面の仕上げ色を選びます。私は「金運が上がりそう」という理由でゴールドにしました。

ストレージ(容量)を選ぶ

ここで大きな値段の違いが出ます。32GBなら37800円。128GBなら48800円です。1万円の差で容量が大きく変わってくるので、「写真もモリモリ保存するし、アプリもたくさん使いたい!」という場合は、迷わず128GBにしましょう。あとで容量が足りなくなっても追加することはできないので、ここは決断どころです。

wfiモデルにするか、セルラーモデルにするか?

たとえば「家にwifiあるし、家の外ではほぼipadは使わないよ」とか「子供の勉強用に」という場合は、wifiモデルでもいいと思います。私も4年間、wifiモデルのipad2を使っていました。でも、使うにつれて「旅行先でおいしい店をipadで調べたい(食べログ見たい)」など、「こんなことできたらいいな」という夢がふくらんできます。今は「格安sim」という便利なものが登場しましたので、迷わずセルラーモデルを選びましょう。

お値段の差は、約15000円です。

その他オプションを選びます

無料で刻印を入れてもらうかどうかですが、私は入れませんでした。

送料は無料、お届け日もすぐにわかります

朝申し込み手続きをしたので、「お届け日は明日」という風に表示されました。早い!

今回の合計金額は68904円です。値段の横に「最大24回払い金利0%ローンを利用すると、月々2800円」という、魅力的な文字があったので、クリックしてみることに。

本来は、あまりクレジットローンを利用したくないのですが、誘惑に負けて今回はショッピングローンで購入することに。スマートフォンだけでローン申し込みまでどうやって完結するのか、気になります!

サインイン画面が出ます。

普段iphoneも使っていますので、appleIDのアカウントは持っていますが、ipadはまた別物として使いたかったので「ゲストとして購入」を選びました。

apple製品の購入が初めての場合も、「ゲストとして続ける」を押します。

配送オプションを指定します(時間帯指定など)

ストアでの受け取りなどの指定もできますが、今回は自宅に送ってもらいますので、そのまま「続ける」を押しました。

配送先住所を入力します

携帯番号を入力します(出荷のお知らせをもらうため)

発送状況などをリアルタイムで知りたい場合は、テキストメッセージを受信できる携帯番号を入れます。(入れなくてもかまいません)

お支払い方法を5種類から選択します。

都合に合わせて、各種支払い方法が準備されています。今回は「ローン」を選びました。

ショッピングローン申し込み画面に切り替わります

オリコローンの画面になります

ローン約款を読み、「同意する」ボタンを2箇所押します

契約内容をよく確認します

お支払い回数を選択します

金利手数料が0%であることを確認します

毎月の支払額を確認します

基本情報を入力します

免許証番号やメールアドレスを入力します

申し込み完了画面が出ます。

審査完了までの流れを確認します

審査完了画面が出ればOKです

無事に審査が通ったようです(^ ^)

あまり安易にローンを利用すると、後で大変なことになりますので「ご利用は計画的に」ですね。とにかくこれで、「あとは自宅にipadが届くのを待つだけ」の状態になりました!

到着してからの初期設定についてはまたの機会に詳しく報告します。

アップルストアに行かずにスマートフォンでipadを購入できたのはよいものの、問題は「初期設定がひとりでできるかどうか」です。それを乗り越えて、とにかく「使える状態」にまで持っていくにはまだまだヤマ場はありますが、楽しいipadライフのためにもうひとがんばりします!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする