iPad /iPhoneを買ったらすること②クレジットカードなしでアプリをダウンロードしよう

iphone/ipadを初期設定したら、次はいよいよ「アプリをダウンロードするための設定」をしましょう!Apple IDのアカウントを端末に認識させるための作業です。

ここでは、初期設定した状態ではインストールされていない「google maps」のアプリを入れるという作業をしてみます。

まずは「App Store」のアイコンをタップします。すると、このような画面になり、おすすめアプリなどが並んでいます。

入手したいアプリの名前を、検索窓に入力しよう

画面右上の、検索窓をタップします。今から使いたいアプリの名前を入れましょう。

検索窓に「google」と入れると、予測変換で「google maps」と出てきますので、それをタップ。

アプリを入手する前に、レビュー(口コミ)も確認しよう

一覧に、このように表示されます。

ここで「入手」ボタンが出てきますが、まずはそのアプリを入れるべきかどうか、口コミを確認してからの方がよいので、アプリ名の部分をタップ。

そして、「詳細」「レビュー」「関連」という3つのメニューが出るので「レビュー」を押します。同時に、アプリ名の下にある星の数もチェックしておきます。

(ユーザーに評判がよくないアプリは、星の数がひとつであったり、口コミ数が極端に少なかったりしますので、アプリを入れるべきかどうかの判断基準になります)

アプリを入手する前に、必ず「レビュー」を確認しよう!

レビューは、必ずしも信頼のおける内容ばかりではないので、参考程度に読むのがおすすめです。google mapsに関してもいろんなレビューが書いてありましたが、実際にiphoneで使ったことがあり、私には必要なアプリだったので、インストールすると決めました。

(アプリを入れるかどうかは自己判断でお願いします)

アプリを入れることを決めたら、「インストール」をタップします。

ここで、Apple ID(メールアドレス)が表示され、パスワードを入れるように求められます。

パスワードを入力します。

アプリを一番最初に入手するときはアカウント情報の確認作業が必要

パスワードを入力すると「このApple IDは、過去にitunes storeで使用された記録がありません」というメッセージが出ます。

「レビューをタップして、サインインしてからアカウント情報を確認します。」という風に書いてありますので「レビュー」をタップします。

利用規約に同意します。

「Apple IDを入力してください」という画面になり、Apple ID(メールアドレス)は自動的に入力されていますので、「利用規約に同意する」の部分をオンにします。

「利用規約に同意する」をオンにして、「次へ」をタップします。

アカウント情報を入力していきます。

「Apple IDを入力してください」という画面になり、ipad(iphone)初期設定の際に入力した自分の名前が自動入力されていますので、フリガナ部分をカタカナで入力します。

フリガナが入力できれば「次へ」を押します。

「お支払い方法」を入力します。有料アプリを入手するなどの際に、クレジットカード情報を登録しておいた方が便利ですが、やはりカード情報を登録するのは不安という人や、「有料アプリを入れたいときはitunesカードを使う予定」という人は、まずはカード情報なしで設定するのがおすすめです。

ここでも「クレジットカード情報はipad(iphone)に登録しない」という前提で説明をすすめます。

・クレジットカード/デビットカード

・キャリア決済

・なし

の3種類がありますので「なし」をタップします。

住所を入力し「次へ」をタップします。

「Apple ID入力完了」という画面が出ます。

「続ける」をタップすると、アプリ画面に戻ります。

アプリが入手できる状態になります

ここで改めて「入手」を押します。

「Touch ID(指紋認証)を使って購入しますか?」というメッセージが出ます。無料のアプリなのに「購入」という言葉が出てきてびっくりするかもしれませんが、大丈夫です。

Touch ID対応機種の場合は、指紋認証でダウンロードした方が便利なので「OK」を押します。

「Touch ID購入を有効にするためにパスコードを入力」という画面になりますので、初期設定の際に登録したパスコード(6けたの数字)を入力します。

アプリを使う準備ができると、「インストール」のボタンが「開く」になりますので、「開く」をタップします。

位置情報を許可するかどうか選択します。

ここでは「許可しない」を選択しました。

google mapが表示されました。

自分の使用目的に合わせてアプリを入手しよう

他にも、気になるアプリをダウンロードしてみましょう。

ナビとして使いたいと思っていたので、検索窓に「Yahoo!カーナビ」と入れてみました。

まずはレビューを読むことに。

いまひとつ、不安になるレビューが続々と。でもアプリは無料なので、google mapsとYahooカーナビの二つをとりあえず入れておいて、比較してみるのもよいですね。

2つめのアプリ入手からはTouch IDが使えます。

Touch ID(指紋認証)の設定をしておけば次からはホームボタンに指を置くだけでアプリがダウンロードできるので本当に便利!毎回Apple IDのパスワードを入れるのは大変なので、Touch ID対応機種の方は、ぜひ設定しておいてくださいね。

アプリを探すのに役立つサイト

iPhoneアプリ/iPadアプリをおすすめするAppBank

http://www.appbank.net/

アプリ本などもたくさん出ていますが、まずはApp Bankが探しやすいです。

また、たとえば「動画を編集したい」ときは、App Store内の検索まどに「動画編集」と入れれば、人気アプリがずらりと表示されますので、ひとつひとつレビューを読んだり、星の数で判断したりで探せます。

私が使っているアプリの一部はこちらのページでご紹介していますので、参考にしてくださいね。どんどん増加中です!(アプリの利用は自己責任でお願いします)

ネットショップを運営して18年目になりますが、スマートフォンの普及で、ガラリと環境が変わったなと実感します。アプリやモバイルツールを使いこなせば、ますますネットショップ運営が楽しく簡単になります! ...

続いてはパケット通信量節約の裏技です。

iPad /iPhoneを買ったらすること③パケット通信量を節約する設定をしよう

mineoの格安SIMで、iphone/padライフを楽しもう!

このブログでは、主に私がiphone/ipadで使っている「mineo」の詳しい使い方、設定方法をご紹介しています。公式サイトには、わかりやすい情報がたくさん載っていますので、詳細はそちらでも確認してくださいね。


公式サイトはこちら↓

ドコモ端末もau端末もそのまま使える!【mineo(マイネオ)】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。