ネットショップ運営の基本「3C」を見直そう!

3Cノートというものを入手したので、さっそくそれに書いてみました。

3cnote
3Cって何?

お客様(Customer)・自社の強み(Company)・競合他社(Competitor)が3Cと呼ばれます。

自社が提供する価値は何か、また競合と比較したときの差別的優位点は何か、これらの関係を考える作業をしました。

1:お客様(Customer)

・結婚が決まったが、まだ会場や内容はこれから決めていくカップル。
・演出内容や装飾アイテムについて、「自分たちらしい」オリジナルウェディングにしたいと思っているカップル。

2:お客様が求める価値

・結婚式準備に必要なものや飾り付け、演出アイテムが知りたい
・お金をかけずに結婚式をする方法が知りたい
・自分たちらしい結婚式を実現するノウハウを知りたい
・ウェディングアイテムの手作り方法を知りたい

3:自社の強み(Company)

・式場や業者に騙されないためのノウハウを提供。
・結婚式に必要なアイテムや段取りのチェックリストがある
・夜11時までお電話受付。365日年中無休で発送。
・実店舗では探せない、2500点以上の豊富な取り揃え
・テーマやカラーでのコーディネート提案ができる

4:競合他社(Competitor)

・式場のプランナー
・東急ハンズやロフト、ユザワヤなどの手作りキット取扱店
・型番商品については、楽天市場やアマゾン。

5:差別的優位点

・手作りアイテムについて、写真入りの手順書や動画マニュアルを公開
・お裁縫や手作りそのものが苦手な人のために、「おまかせサポートサービス」がある。(各方面のプロと提携し、手作り代行を請け負うもの)
・既製品にないものはオリジナル企画でキットやマニュアルを作れる
・ぬいぐるみ用のオーダーメイドウェディング衣装が作れる
・手に取るようにわかる写真や動画を商品ページに掲載

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3Cについて詳しくはこちらをご覧ください。ノートに書くのがおすすめです。

http://www.webconsultant.jp/strategy/c.html

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。