【らくらくスマホ】電話の使い方(OCNでんわ10分かけ放題オプション活用方法)

らくらくスマートフォンプレミアム(F-09E)を、OCN モバイル ONEの格安シムで使う場合、「OCNでんわ」を使うとお得です。



OCNでんわとは?

「OCNでんわ」は「OCNでんわアプリ」から発信、または相手の電話番号の先頭に「0035-44」を付けることで通常発信時20円/30秒(税込21.6円/30秒)の半額10円/30秒(税込10.8円/30秒)で通話できるおトクなサービスです。
音声対応SIMご契約者なら、どなたでもすぐにご利用いただけます。

選べる3つの「かけ放題」オプションが魅力的!

10分かけ放題オプション(月額850円税別)

月額850円(税込918円)で、10分以内(1通話あたり)の国内通話が回数無制限で0円です。

トップ3かけ放題オプション(月額850円税別)

月額850円(税込918円)で、その月の国内通話料上位3番号の通話料が0円になります。

かけ放題ダブルオプション(月額1300円税別)

月額1,300円(税込1,404円)で、

  • 10分以内(1通話あたり)の国内通話が回数無制限で0円です。
  • 上記を適用した残りの国内通話料上位3番号の通話料が0円になります。

OCNでんわのメリットをシニアが最大限に生かすには?

OCN モバイル ONEを契約した私は、母のためにまずは初月は「かけ放題ダブルオプション」をつけました!

しかし、このサービスを利用するには「OCNでんわアプリ」を使う必要があり、その画面がちょっと見にくいと感じました。(シニア世代には文字が小さくてわかりにくいかも)

しかしここで秘策を発見!

アプリを使わない場合は、電話番号の先頭に「003544」をつけて発信すれば、10分までかけ放題が適用されるということですので、その方法で電話をかけるようにしました。

(電話帳に登録する際にも、最初から003544をつけておけば便利)

今回は、母のために「らくらくスマートフォン」を設定したのですが、一番わかりやすくて一番お得になる方法をマニュアルにすることにしました。

お役に立てば幸いです。



電話帳に登録していない相手にかける場合

ホーム画面にある「電話」という青いボタンをタップします。

ダイヤルキーで電話番号を入力しますが、ここで大事なポイントがあります!

私の母の場合、「OCNモバイルONE」の格安SIMを使っていますので、「OCNでんわ」でお得に通話ができます。

新しい番号に電話をかける際は、必ず先頭に「003544」をつけてから電話番号を入力します。

(例)携帯電話にかけたい場合→003544-090-××××ー××××

(例)東京の固定電話にかけたい場合→003544-03-××××ー××××

慣れるまでは戸惑うかもしれませんが、「通話料が半額になる」「10分までの通話がかけ放題になる」というメリットを最大限に活用するためにも、ぜひぜひ覚えておいてくださいね。

(OCNでんわの詳細については、OCNホームページをご覧ください)

まずは先頭に003544を入力し、、

続いて、通話先の電話番号を入力します。

電話番号を入力したら「電話をかける」という緑色のボタンをタップします。

ここでは、たまたま電話帳に登録している相手の番号を入れたため、名前も表示されましたが、まったく新しい相手に電話したときはもちろん名前は表示されません。

ここで、スピーカーフォンで話したいときは、画面右下の「音声切替」をタップします。

(もう一度押すと、また元のモードに戻ります)

補聴器などをお使いの場合は、スピーカーフォンで話すと聞こえやすくなって便利ですね。

通話を終了するときは「電話を切る」をタップします。

電話帳に登録している相手に電話をかける場合

ホームボタンを押し、緑色の「電話帳」をタップします。

電話帳に登録している相手の一覧が表示されます。

(ここでは、個人情報保護のため、消してあります)

あいうえお順に並んでいますので、この中から通話したい相手の名前を選びます。

通話したい相手の名前をタップすると、このように電話番号やメールアドレスが表示されます。(メールアドレスは、登録していなければ表示されません)

「電話をかける」をタップすれば、相手に電話をかけることができます。

私の場合、電話帳に登録する際、すべてに「003544」をつけておきましたので、何も意識しなくても10分かけ放題電話ができるようになっています。(OCNでんわ料金でお得に通話できる設定をしておきました)

下準備段階が大変ですが、ここで一手間かけておけばいろいろ安心です。

ここでも、スピーカーフォンにしたい場合は、画面右下の「音声切替」をタップします。

通話を終了するときは「電話を切る」をタップします

電話を受ける方法

電話がかかってくると、「着信中」という表示が出て、着信音が鳴ります。

(マナーモードにしているときは音が鳴りません。着信音量は設定で変更もできます)

「上にスライドしてはじめる」という表示がありますので、この↑の通りに指をスライドさせます。(待ち受け画面の画像も、設定から変更することができます)

相手の電話番号が表示されますので、電話に出るときは「電話に出る」という緑色のボタンを押します。

また、もしバスや電車の中など、着信音量が周りの人に迷惑になる環境で電話がかかってきた場合、画面右下の「着信音量を消す」という部分をタップすれば、マナーモードにし忘れていたときでも着信音を消すことができます。

「電話に出る」をタップすると、通話中となります。ここで、スピーカーフォンを使いたい場合は、画面右下の「音声切替」をタップします。

スピーカーフォンで通話中は、下記のような画面になります。

もう一度「音声切替」を押すと、通常のモードに戻ります。

通話を終了するときは「電話を切る」という赤いボタンを押します。

「終了」を押すと、ホーム画面に戻ります。

(または端末本体のホームボタンを押すことでも戻ります)

管理人おすすめの格安SIM

私はこれまで、BIC SIM、mineo、そしてOCN モバイル ONEの3社を使いました。(現在も一部併用中)

電話をよくかける場合は、OCN モバイル ONEがおすすめです。(通話料がお得なOCNでんわアプリや、かけ放題オプションが充実しているため)

また、「お試しでちょっと使ってみたい。本当にスマートフォンが使いこなせるかどうか不安」という場合は、1ヶ月でやめても解約手数料がかからないmineoがおすすめです。(解約手数料無料になる条件など、詳細はmineoホームページをご覧ください)

とくに解約手数料はそれぞれの会社で異なりますので、注意してくださいね。

どれも使い勝手はよかったですが、それぞれに特徴がありますので、自分の使い方に応じて選んでみてください。

また比較などは改めてブログに書きたいと思いますが、まずはそれぞれのホームページをじっくりご覧ください。スマートフォンを格安SIMで使うと、通信費をかなり節約できます!





スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする