プチプライスアイテム

100均の材料でできる!ウェルカムドール用フラワーウォールの作り方(費用1500円)

海外ウェディングのような、フラワーウォールって憧れますよね!結婚式の前撮り写真スタジオなどでもよく見かけるフラワーウォール。その名前の通りお花を敷き詰めた背景のことです。

「とっても素敵なので真似したい!でも造花をたくさん集めるにはお金がかかりそう。。」とお悩みの方のために、まずはウエルカムドール用の小さなフラワーウォールを作ってみました。

100円ショップダイソーで買ったお花のクオリティーでも充分見栄えがするものができましたので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。かかった費用は約1500円(税別)です。

 

そもそもフラワーウォールとは?

その名の通り、「お花(生花や造花)を壁一面にびっしりと敷き詰めたもの」です。ウェディングフォトの前撮りスタジオや、海外ウェディングのワンシーンでよく見かけますね。

二人でこのフラワーウォールの前に立って、記念撮影をすれば、とっても素敵な写真になります!

 

ケーキとフラワーウォールのコーディネートが素敵すぎる!

ダイソーの造花を利用すれば簡単!ミニサイズフラワーウォールの作り方

海外のはとても参考になりましたが、「とてもお金がかかりそう、、」という感じですよね。そもそも会場側でフラワーウォールを用意してくださっていれば問題ないのですが、自分で用意するとなると、材料費も置き場所もいろいろ悩みそうです。

私はよく、ウェルカムドールの撮影をしますので、急に思い立って「ウェディングドール撮影用のフラワーウォールを作ろう!」ということになりました。

ダンボールを用意します

手頃なサイズのダンボール素材があったので、これを使います。サイズは45cm×35cmでした。もっと大きくてもよかったです。

 

包装紙でくるみます。

ダンボールの色が見えないように、ラッピングペーパーをマスキングテープなどで止めておきます。

フラワーウォールに使う造花はどこで買うの?

 

ダイソーは、最近「ウェディングシリーズ」に力を入れていますので、お店によっては特設コーナーがあります。そのウェディングシリーズの中に、デコレーションに使える造花があり、私はピンクが一番お気に入りです。

ピンク以外にも、ホワイト、濃いピンク、ブルー系、グリーン系、あとはイエロー系もあります。(この写真にはイエローは写っていません)

pink系の中身です。6つのお花が入っています。バラとラナンキュラスの組み合わせ。

今回は、このピンク系のお花を15袋使いました。費用は税別1500円です。

フラワーウォールのお花は、あまりクオリティーが低くても安っぽくなってしまいますので、

現物を見て買いたいですね。今回はウェディングドール用でしたので、リアル品質にはこだわっていません。アマゾンや楽天でも安い造花を探せばいろいろありそうです。

楽天の1480円パックも気になりますが、まだこれでも分量が少ないかもですね。

 


アマゾンにも、気になる造花があります。色の組み合わせも選べて、50個で約1280円。

フラワーウォールにお花はどうやってつけるの?

もちろん、グルーガンです(笑)花嫁DIYの必需品!これもダイソーで200円で購入したものです。

フラワーウォールを作るときに気をつけるポイント

お花には、このように軸があるものが多いので、あまりにも軸が長いときはハサミなどでカットしておきます。接着面が多い方が、安定して固定されるからです。

造花フラワーウォールの作り方

ひたすらグルーガンでつけて行きます!私はランダムにつけましたが、はじめに仮置きして分量が足りそうかどうかを確認したり、ある程度の位置を決めておいたほうがよさそうです。

バランスを見ながら、ひたすらグルーガンでつけます。意外とグルースティックの減りが早いです。完成するまでに10本以上は使いました。(もともと短いということもありますが)

グルースティックは多めに用意しておきましょう。

グルースティックはネット通販でも買えますが、太さがまちまちなので、ダイソーのグルーガンを使う場合は直径何ミリのスティックを使っているのか、あらかじめ確認しておきましょう。

また、最初からグルーガンとグルースティックの両方をネットで買えば、途中でグルースティックがなくなっても、また追加で購入するのは楽ですね。

消耗品系はアマゾンが便利です。

なんとグルースティック30本付き!2017年11月現在、ベストセラー1位のグルーガン。

フラワーウォールをきれいに仕上げるコツ

グルーガンの固まりが、あちこちに散らばっていると思いますので、これを丁寧に取り除いておきましょう。

フラワーウォールの使い方

いい感じの「ぬいぐるみ用フラワーウォール」ができました!縦置きでも横置きでも使えます。今回は「壁に立てかけて使う」ことを前提としていますので、特に自立式ではありません。

スマホで撮影するときは、このようにウォール全体がフレームに収まるようにして撮影しましょう!この色の組み合わせ、素敵!

今回は45cm×35cmのウォールでしたので、ぬいぐるみを撮影するとしたら身長20cm前後のものがおすすめです。

また、バービーなどはちゃんと入ると思います。

フラワーウォールを使って、ウェルカムドール撮影をしよう!

まずは和装ベアを通常モードで撮影。フラワーウォールは洋風にも和風にも合いますね。

続いては「ポートレートモード」で撮影。私のiphoneは「iphone7plus」という種類ですので、ポートレートモードが使えます。いわゆる「一眼レフ風」な撮影ができるというもの。背景が自然にぼけて、手前の被写体にピントが合います。

ウェルカムドールの撮影に、フラワーウォールを活用しよう!

シェリーマリエオリジナルドレスを着せた、花冠つきのムーミン。

まるで、ぬいぐるみ専用のフォトスタジオみたいです!

フラワーウォールで撮影した写真を、アプリでデコレーションしよう

画像加工アプリを使えば、さらにキュートな写真になります。

ここでは「Deco PIC」というアプリを使いましたが、現在ダウンロードはできないようですので、また他のおすすめアプリを発見したらブログでご紹介しますね。

ほんのワンタッチで素敵な画像に変身。作業時間は2秒!

いろんな色合いのお花で、またタイプの違うフラワーウォールが作ってみたくなりました。グルーガンで貼るだけ簡単な、花嫁DIYアイテムの「フラワーウォール」、ぜひぜひ作ってみてくださいね。

 

ABOUT ME
シェリー マリエ
こんにちは。「ぬいぐるみ衣装オーダーとウェディンググッズ専門店」シェリーマリエです。 お仕事などでお忙しい花嫁様の代わりに、全国から素敵なウェディンググッズを探し出し、お届けすることをモットーにしています! 単に「グッズ販売」としてだけではなく、ペーパーアイテムの作り方や、ウェルカムベア作成のウラワザなど、「シェリーマリエだからできること」を大切にしていきたいと考えています。