手作りアイテムレシピ集

フラワーシャワーコーンの作り方(ワークショップにもおすすめ)

チャペルから出てきた新郎新婦を祝福するフラワーシャワーは、演出の定番ですよね!

最近では、「フラワーシャワーコーン」と呼ばれるアイテムを手作りする花嫁様たちが急増中とのこと!

フラワーシャワーの演出をさらにスマートにできないかと考えて、勢いで作りました(笑)

 

完成見本はこちら

IMG_7949

 

アイスクリームのコーンのような形をしているので「フラワーシャワーコーン」と呼ばれるアイテムです。

左側がトレーシングペーパーで作ったもの、右側が色画用紙で作ったものです。

用意するものは、色画用紙、レースペーパー、リボン、花びら約10枚です。

フラワーシャワーは、会場などでお願いした場合、1名あたり700円から800円になることも多いので

手作りすれば節約にもなります!

まずは作り方!持ち手用のリボンと、飾り用のリボンです。リボンはあらかじめ結んでおきます。

IMG_7556

そして用紙を丸めます。

IMG_7236 IMG_7552

両面テープなどで合わせ目をとめて、レースペーパーを巻きます。

IMG_7554

こちらも両面テープでとめます。

さらに、合わせ目に飾りリボンをつけます。

IMG_7557

かわいらしくなってきましたね。

ここまでできれば、1つ穴パンチで両サイドに穴を開けます。

IMG_7558

この穴に、リボンを通してたま結びします。

 

IMG_7560

フラワーシャワー約10枚を入れて、完成です。

IMG_7561

持ち手をつける意味としては、「写真撮影などでカメラで手がふさがっているときに、手首にリボンをかけておけば

フラワーシャワーの出番まで、花びらの持ち歩きが楽」ということです。

IMG_7562

リボンは長めにセットしていますので、お好きな長さに調整してくださいね。

IMG_7563

紙の色を変えることで、テーマウェディングに合わせることができます。

IMG_7564

ミントグリーン色も素敵。

テーマカラーに合わせていろいろチャレンジしてみてくださいね。